あやしいにんげんはさけられるのこと

猫と遭遇すると、途端にわたしは不自然になります。

「わたし、あなたには気がついていませんよ」という風を装い、少し遠くを見るふりをして、横目でちらちら猫さんを窺います。

このように不審な状態になる理由は、猫さんの自然で素敵な姿を見たいがためなのですが、大概の猫さんは、わたしの不自然な行動を訝しんで、さっといなくなるか、警戒しています。

世の中には、猫に好かれる人もいるというではありませんか。わたしも、もっと自然に接してみたい。

ちなみに、これから通るルート上にスズメが無邪気に遊んでいるときも、少し離れて歩きながら「わたしはあなたに何もしませんよ」という風を装いますが、やっぱり、わっと逃げられます。

申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です