「雲がゆくのは」のこと

「雲がゆくのは」という歌がある。

映画「ドラえもん のび太と雲の王国」の主題歌で、武田鉄矢が作詞し歌った歌だ。ぐっとくる歌詞とちょっと演歌調なメロディが大好きで、こどもながらにこぶしをきかせて歌ったものだ。

今もたびたび口ずさんでいる。歌われる雲の色や形を想像し、空の向こうにいるヒトビトに思いを馳せる。最後の歌詞は、ちょっと格好つけすぎだなと思いつつ、自分だって、ただ純粋に見知らぬ誰かのしあわせを願うこともある。

そういう気持ちは、きっとつながる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です