トゲナナフシさんの擬態モードのこと

トゲナナフシさんに我が家にお越しいただいてから、もうすぐひと月になります。

トゲナナフシさんのことをいろいろ知りたいのですが、夜行性のトゲナナフシさんと朝型ニンゲンのわたしの生活時間帯は合わず、ひと月経ってもミステリアスなままです。

ひとつ感じたのは、トゲナナフシさんが触覚と前足を前にピンと伸ばして「小枝」に擬態していらっしゃる時、もしかしたら熟睡しているんじゃないかということです。

朝起きてトゲナナフシさんを見ると、早朝はひとところにじっとし、午前7時くらいにはピシッと触覚と前足を前に伸ばして擬態のポーズ。午後5時すぎになると、触覚とともにビシッと伸ばされていた前足の緊張がゆるみ、のそのそと動き出すことが多いように思います。

擬態のポーズが熟睡モードだとしたら、とても理にかなっているし、めちゃくちゃかわいくて、ときめいちゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です