鉛筆を削るのこと

小学生の頃、小刀で鉛筆を削るという授業がありました。

お店にはシャープペンシルを筆頭に、ファンシーかつ便利で楽しい文房具がたくさんあったので、「鉛筆なんて面倒なもの、大人になったら使わないだろうな」と思っていました。

ところがどっこい、大人のわたしの文房具筆頭は、鉛筆です。いつものラクガキで使っている鉛筆は「木物語」のBですし、色鉛筆だってちまちま削って使っています。

子供の頃は、使うたびに丸くなり、頻繁に削らなければならない鉛筆を面倒に思っていましたが、大人になると、使うたびに描ける線の味が変わるし、削って芯を出す面倒さを面白いと思うようになってきました。

やってることは同じだけど、感じることは変わってくるんだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です