昔描いた絵を思い出してくれる人のこと

昨年植えたと思われるアブラナ科の野菜のこぼれ種が発芽して、ぐんぐん大きくなり、見事な菜花を咲かせてくれました。背が高く花の数も大きいので、遠くから見ると花束のように見えます。

母が「あの絵に似てる」と言って、わたしが20年前に描いた絵のことを思い出してくれました。

この絵は「君に無数の花束を」というタイトルで、コトバとともに昔のWebサイトに掲げていたものでした。

自分の描いた絵を覚えていて、しかもふとしたときに思い出してくれる人がいるなんて。


「君に無数の花束を」(2001.4月

傍若無人で自意識過剰

でも、誰よりも強い心を持っていたあの頃の自分に

心からの花束を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です