破壊と再生のこと

破壊と再生を繰り返す、という大層なことを、自分の肌で実感しています。

12月に悪化したアトピーが3月末にはどうにか「再生」してきたのに、4月に入って徐々に悪くなり、今また「破壊」が色濃く出ています。

常にチクチクと痛いし、血は出るし、せっかく良くなった皮膚をかき壊す自分を責めてしまい、ますます悲しい気持ちになるばかり。

つるつるボディは、わたしの身の内側でスタンバイしているはずなのに。

この経験から、わたしは何を学ぼうとしているんだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です